エマスリープの寿命は何年?長持ちさせる方法は?

エマスリープの寿命ってどのくらいなのでしょうか?

高価なマットレスを買ったら、できるだけ長く使いたいですよね。

体にフィットしたマットレスなら余計に長くずっと使いたいと思う人も多いでしょう。

でも、ただ単にそのままにしているだけではダメなのです。

今回は、エマスリープの寿命はどのくらいなのか、そして長持ちさせるための方法はどのようなものなのか、詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

エマスリープの寿命は何年?

エマスリープの寿命ってどのくらいなのでしょうか?

結論から言うと、10年ぐらいと言われています。

エマスリープは、実際に、重いたるを使って何度も転がしながら耐久性を調べており、その結果10年ぐらい長く持つ、耐久性があると診断されました。

シュミレーションで合格だったので、それだけとても優れているマットレスと言えるのです。

一般的な敷布団の寿命は、3年から5年ぐらいと言われているので、その長さと比較てしも、すごく長持ちするマットレスと言えるでしょう。

使い方によっては、多少前後することもあります。

でも、高品質のウレタンフォームを使って作ってあるのでそれだけ長く持たせることができるのです。

一般的なマットレスの場合、使うたびに、ヘタレてきて3年から5年となっていたとしてもすぐにダメになってしまうこともあるのです。

それを思ったら、ずっと長く使えるのは嬉しいですよね。

とは言っても、使い方次第、お手入れ次第ではこの寿命も変わってきます。

さらにずっと長く使えるようにお手入れのコツを後でご紹介いたしますね。

お手入れをするかしないかでも寿命はぐーんと変わってきますよ。

もしエマスリープの寿命になったら保証を使えばいい

もしエマスリープを使っていて寿命になってしまったら、どのような保証を使うことができるのでしょうか?

エマスリープの保証には次のようなものがあります。

  • 購入し到着後お試し期間100日+返金、返品保証。
  • 購入後10年間の品質保証

この2つがあります。

まず、最初に挙げた1の方は、購入してから自分の体にフィットするかどうかしっかり見極めることができ、もし合わなかったら、返品しお金を戻してくれる保証です。

これは、誰でも目につくのでよく理解している人も多いでしょう。

でも、2番目の保証についてはよくわからないと言う人もいるのではないでしょうか?

エマスリープを使っていて、寿命になってしまった、なんかヘタレて寝心地が悪くなってしまったという時に使えるのが、この10年間の品質保証なのです。

この保証に含まれている内容は次のとおりですよ。

10年間の品質保証の内容

  • 適切な使用だけでウレタンフォームにたるみや、落ち込みが起こってしまった時。落ち込みは2.5cmほどで、目でみて確認できるもの。
  • ウレタンフォームに亀裂や空洞があるもの。(受け取ってから6ヶ月以内に連絡したもののみ有効)
  • 圧縮されたマットレスを取り出したときに、マットレスが元のサイズに膨らまない時。

膨らむまで2週間以内、経過後に規定寸法になっていないとき、誤差が2cmではない時に、新品と交換する。

となっているのです。

10年保証の対象になっているのは、ウレタンフォームのたるみやおちこみとマットレスの開封時の復元具合になっています。

新品の状態で、亀裂や空洞ができてしまっていた場合は、これは、製造過程に問題があるので、6ヶ月以内となっているのです。

この場合は、素早く連絡をして、返品又は交換してもらう必要がありますよ。

使った後で発見した、発見した時には時すでに おそしと言うことにならないためにも、マットレスが届いたときに、ひととおり確認しておくと良いでしょう。

もし、問題があった場合は、素早く連絡するようにしてくださいね。

適切な使用だけでウレタンフォームにたるみや落ち込みが出たとあるのですが、適切な使用って?って思う人もいるのではないでしょうか?

この適切な使用については、詳しく書かれていないので、どこまでが適切かなんて判断難しいですよね。

常識内で考えてみると、次のようなことが当てはまりますよ。

適切な使用方法とは

  • エママットレスの上で、飛び跳ねたり、激しい運動をしない。トランポリンのように使ったり、プロレスみたいな動きをしていない。
  • マットレスの上に、寝るだけでなく重い荷物など負荷がかかるものを置いていない。
  • 同じ場所に重いものをずっと置き続けていない。
  • 普通に寝ている。

と言うことがあげられます。

普通に毎日寝るだけに使用していれば、何の問題もありません。

そのように使っていて、寿命がきてしまった時は、保証の対象になるので交換してもらうことができるのです。

ウレタンフォームの素材は、普段自然と落ち込みの部分が戻ってくるので、起きた時には元通りになります。

でも、使用頻度が重なると、だんだん劣化していくので戻ってこないと言うこともあるのです。

目で見た時に、2,5cmぐらいの落ち込みがあることがわかった時は、素早く連絡してくださいね。

その場合は、保証の対象になりますよ。

また、マットレスを購入し、開けた後マットレスの元々のサイズまで戻るのに、約2週間は時間が必要なのです。

開けてすぐになかなか戻らなくて、不良品かも!と心配する必要はありません。

ただし、2週間経ったのに、記載されているサイズまで到達しないと言う時は、保証の対象になります。

誤差2cmが許容範囲とされているので、25cmの厚さなのに、24cmしか膨らまなかったとした場合は、保証対象にはならないので注意してくださいね。

もしエマスリープを長持ちさせる方法は?

エマスリープをさらに長持ちさせるには、日頃からのお手入れによってきます。

お手入れをしっかりしているかどうかで、寿命も変わってくるのです。

長持ちさせる方法

  • 定期的にシーツをしっかり洗っている。
  • 陰干しを定期的にしている。
  • エマスリープのマットレスの上下に入れ替えている。

この3つのことをしているかどうかで変わってくるのです。

定期的にシーツをしっかり洗っている。

日頃からシーツを洗って清潔にしておく必要がありますよ。

毎日、コップ1杯の汗をかくとも言われているので毎日使う寝具はとても汚れているのです。

そのままにしておくと、黄ばみが出たり、ダニや雑菌が増えてしまう原因にもなるので注意が必要ですよ。

定期的にしっかり洗うことで、いつも気持ちよく寝ることも可能になるので、ぜひ洗ってくださいね。

陰干しを定期的にしている。

陰干しはとても重要で、ずっと敷きっぱなしにしているど、どうしても湿気が溜まっていってしまうのです。

湿気はマットレスには大敵で、マットレスを傷ませてしまう原因の1つとも言われているのです。

そのままにしておくと、カビが生えてしまったり、ダニが繁殖したり、ウレタンのマットレスの変形にもつながってしまいます。

寿命もどんどん縮んでしまうので、必ず定期的に陰干しをして空気を通すようにしてください。

湿気を取り除き、乾燥させることができたら、それだけ寿命も延ばすことが可能になりますよ。

エマスリープのマットレスの上下を入れ替えている。

エマスリープのマットレス、同じ面だけにして使うと、同じところばかりに負荷がかかるので、ヘタレの原因にもなってしまうのです。

定期的に上下を入れ替えることで、同じところに負荷が来ないようにしましょう。

そうすることで、長持ちさせることができますよ。

エマスリープのマットレスは、3構造になっていて、裏表のひっくり返しはできません。

上下のみですが、3ヶ月に1回の割合で良いので変えるようにしてくださいね。

この3つのポイントを気をつけるだけで、寿命を延ばし、長持ちさせることができますよ。

まとめ

エマスリープの寿命がどのくらいなのか、長持ちさせる方法があるのか詳しくご紹介いたしました。

エマスリープの寿命は10年と言われています。

お手入れをしっかりすることで、寿命も延ばすことができますよ。

良いマットレスを長く使うためにも、

  • 定期的にシーツをしっかり洗っている
  • 陰干しを定期的にしている
  • エマスリープのマットレスの上下に入れ替えている

をしっかり行ってくださいね。

品質保証が10年ついているマットレスが、エマスリープです。

しっかりお手入れをしながら毎日使っていたとしても、時と場合によっては凹んでしまうと言うこともあるでしょう。

そんな時は、保証が有効になるので、利用してみてくださいね。

定期的にしっかりお手入れをして、できるだけ長く使えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました